有料リンク販売業者がうたう「良質なリンク」とは?

2011年2月1日

有料リンク販売業者のホームページに訪問すると、
そこでは大抵「良質なリンクを大量に提供します」とうたっています。

これって本当でしょうか。


そもそも「良質なリンク」って何でしょう?

良質なリンクとは、

  同じテーマを扱っているホームページで、
  そのテーマについて質・量ともにコンテンツが充実し、
  既に検索エンジンから高い評価を得ているホームページから
  張られるリンクのことを言います。

つまり、良識のある方ならすぐに気づくと思いますが、
良質なリンクとは、

  リンクを張ってくれるホームページが、
  自分のホームページよりランクが上であればあるほど、
  良質なリンクとなるわけです。

しかも、

  そのホームページは同じテーマを扱っているわけですから、
  実は、良質なリンクを張れるホームページは、
  自分のホームページの強力なライバルサイトにならないと
  オカシイわけです。

そう考えると、
もし有料リンク販売業者の言葉「良質なリンクを大量に提供します」を
信じるとすると、

  検索ランキング上位のホームページは、
  有料リンク販売業者の準備したホームページだらけ
  ということになってしまいます。

残念ながら、そんなホームページ群、覧たことがありません!
有料リンク販売業者がうたう「良質なリンク」なんて嘘なんですね。


有料リンク販売業者が実際に張るリンクについては、
前々回のブログ「有料リンクに対する取り締まりを強化するグーグル検索」の中で取り上げた米Googeの公式ブログから伺い知ることができます。

  ▶「Google search and search engine spam(英文)
    (米Google公式ブログ、2010-01-21)


有料リンク販売業者が行っていた、かつてのスパムの主流は、
検索キーワードを含んだランダムな単語羅列からなる
大量のホームページからのリンクでした。
(ホームページを読んでも、文章になっていない。)

それが、近年では、
内容の乏しいホームページを大量に生成し、
そこから大量のリンクを張るというスパム(=コンテンツスパム)に
変わってきたというのです。

有料リンク販売業者が大量の有料リンクのために準備するホームページは、「文章になっていないホームページ」から「内容の乏しいホームページ」へと姿を変え、進化しているみたいですが、どっちにしろ検索エンジンから高く評価されるような品質のホームページではありません。

そんな低品質のホームページから張られたリンクを
「良質なリンク」とうたうことには、無理があります。

これが、有料リンク販売の現状です。



前回のブログ「有料リンク『成果報酬型の料金プラン』という罠」でも有料リンク販売について取り上げています。よかったらご覧ください。


ラベル: , , ,



◎この投稿へのリンク:

リンクを作成

▲このページの先頭へ