有料リンクでスパム認定されないための方法をグーグルが公開

2011年2月22日

本日グーグルがGoogleウェブマスター公式ブログにおいて、
有料リンクでスパム認定されないための方法を公開していました。

  ▶「有料リンクでガイドライン違反にならないために
   (Googleウェブマスター向け公式ブログ、2011-02-22)

ただし、今回の有料リンクの話題は、
有料リンク販売業者のリンクではなく、
ホームページ上の有料の宣伝・広告・バナーなどから受け取るリンクについてです。

結論を言えば、
要は、発リンク側のホームページが検索結果の順位に影響を及ぼさないリンク設定を行うというもの。

発リンクが評価されなくなる方法としてグーグルは、

  rel="nofollow" 属性を <a> タグに追加する

という具体的な設定方法を紹介しています。

その他の設定方法については、グーグルウェブマスターセントラルの「有料リンク」の記事の中で取り上げています。


上のグーグルの2つ記事の中で気になった内容を
少し取り上げたいと思います。

有料リンクが原因でガイドライン違反となった場合の対処方法ですが、掲載順位の下落理由がリンクだと思われる場合、さらに新たなリンクを購入するような対策をするのではなく、原因と思われるリンクを全て外した上で サイトの再審査リクエスト をお送りください。
   (「有料リンクでガイドライン違反にならないために」からの引用)

すべての有料リンクが Google のガイドラインに違反するわけではありません。リンクの売買も、検索結果の操作でなく宣伝を目的として行われる限り、ウェブ上での通常の経済活動となります。広告として購入したリンクでは、そのことを明示する必要があります。
   (ウェブマスターセントラルの「有料リンク」からの引用)

文面通り受け取ると、グーグルは次のように言っていることになります。

  有料の宣伝・広告のための発リンクには、
  検索エンジンに評価されないような設定を施さなければならない。

有料の宣伝・広告には当然、バナーリンクも含まれます。

そうなると、有料の宣伝・広告のリンクは、
かなりの割合でグーグル検索のガイドライン違反(=スパム)に
当てはまってしまうのではないでしょうか。

有料の宣伝・広告のリンクまでスパムとなると、
売る側も買う側も、相当慎重になる必要があります。

有料バナー広告を買う側は、
リンクジュースの御利益(ごりやく)にあずかるのも大きな購入理由です。(※リンクジュースとは、リンクから得るプラスの評価のこと。)
ところが、グーグル様の言いつけが確かなら、
ヘタすると、リンクジュースをもらうどころか、
スパムペナルティさえもらいかねません。

しかも、有料の宣伝・広告を売る側のホームページが、
rel="nofollow" 属性を使用している場合ならいざ知らず、
robots.txt ファイルでリンクジュースを遮断している場合、
有料の宣伝・広告を買う側は、そのホームページがグーグルの言いつけを守っているかどうかの判断がつきにくくなります。

では、有料の宣伝・広告を売る側は、グーグルの言いつけの通り、
「弊社の広告リンクには rel="nofollow" 属性が付いており、
 リンクはグーグル検索の評価対象とはなりません。」
とホームページに明記するでしょうか。

それも甚だ疑問です。

明記すれば、
リンクジュース欲しさに有料リンクバナーなどを購入する
お客様が少なくなってしまいますから。


有料の宣伝・広告のリンクについての
グーグルの見解(理念)は理解できますが、
現実にはグーグルの対応はまちまちな訳で、
すべての有料の宣伝・広告のリンクを取り締まっている訳ではありません。
そうなると不公平感の発生は回避できません。

もし有料の宣伝・広告のリンクについてグーグルがそこまで言うなら、
不公平にならないように、
グーグルはこれまで以上に徹底的に有料の宣伝・広告のリンクの
チェック(=取締り)をすべきでしょう。


ラベル: , , ,


デザインクロスがTwitter(ツイッター)公式企業アカウントに登録

2011年2月2日

今更の話題の感もありますが、
弊社デザインクロスが
Twitter(ツイッター)公式企業アカウントにダブルで登録されました。

Twitter(ツイッター)公式企業アカウントに登録されたのは、
今お読みいただいている(いつも本当にありがとうございます!)
この「デザクロ-ブログ」の更新情報を発信しているアカウント

 ▶ デザクロ(designcross)on Twitter

と、デザインクロスのメインサイト
デザインクロス(デザクロ)新規ホームページ作成、通販・リニューアルをお考えの方へ|山形県鶴岡市のホームページ制作会社
新着情報(とデザクロ-ブログの更新情報)を発信するアカウント

 ▶(有)デザインクロス(designcrossnews)on Twitter

の2つです。

Twitter 公式ナビゲーター・ツイナビでのURL
それぞれ次のようになります。

 ▶ デザクロ(designcross)− Twitter 公式ナビゲーター・ツイナビ

 ▶(有)デザインクロス(designcrossnews)
    − Twitter 公式ナビゲーター・ツイナビ

デザクロ(designcross)− Twitter公式ナビゲーター・ツイナビの画像


Twitter(ツイッター)公式企業アカウントへの登録方法


Twitter(ツイッター)公式企業アカウント(無料)の取得方法も
ここでご紹介します。

公式アカウントを取得できるのは企業・法人のみとなります。
以下のホームページからお申し込みできます。

  Twitter 公式ナビゲーター twinavi [ツイナビ]


実際の申請フォーム(仮登録フォーム)のページは、
同ページの下のほうにあるコーナー「よくあるお問い合わせFAQ」の
2つ目の質問に対するアンサーの終わりにある
リンクテキスト「掲載お申込みはこちら
から進むことができます。

Twitter(ツイッター)公式企業アカウントの掲載基準は
次のようになっています。(twinaviからの引用)

  1. ツイートの内容が公序良俗に反さない
  2. ツイートが非公開でなく、内容が確認できる状態にある
  3. 企業のご担当者の本人確認を行い、なりすましではないことが確認できる
  4. Twitterアカウントのプロフィール情報(名前/Web/自己紹介)に法人名(サービス名)の記載がある
  5. Twitterアカウントのアイコン画像がデフォルト状態からオリジナル画像に変更されている

また、twinavi公認(=Twitter公式企業アカウント)のためには、
次の3つの種類をtwinaviに送付する必要があります。

  (1) 当社が配布する申請書(PDFをダウンロード)
    および同書類への法人印捺印((3)と同一のもの)
  (2) 法人登記事項証明書
  (3) 法人印の印鑑証明書


自分の場合は、フォーム申請の翌日に
twinaviに企業アカウントが登録され(この時点ではまだ未公認)、
2日後に公認用のための3つの書類を送付、
結果、フォーム申請から1週間足らずでtwinavi公認となりました。

(2) 法人登記事項証明書と(3) 法人印の印鑑証明書の2つの書類取得には、山形地方法務局鶴岡支局でそれぞれ一枚ずつで1,500円でした。

弊社のTwitter(ツイッター)利用法は、
ブログの更新情報の発信とホームページの更新情報の発信のみだったので、公認されるか少し不安もありましたが、無事公認されました。

これもフォローしていただいている皆様のおかげです!
とても感謝しております。
本当にありがとうございます

本来であればフォロワーの皆さまをフォローするのが筋ですが、
弊社によるTwitter(ツイッター)利用の目的が目的だけに、
せっかくフォローしていただいている皆様をフォローせず、
大変申し訳なくも思っております。

引き続き当ブログと共にお読みいただければ幸いです。
よろしくお願いいたします!


ラベル:


有料リンク販売業者がうたう「良質なリンク」とは?

2011年2月1日

有料リンク販売業者のホームページに訪問すると、
そこでは大抵「良質なリンクを大量に提供します」とうたっています。

これって本当でしょうか。


そもそも「良質なリンク」って何でしょう?

良質なリンクとは、

  同じテーマを扱っているホームページで、
  そのテーマについて質・量ともにコンテンツが充実し、
  既に検索エンジンから高い評価を得ているホームページから
  張られるリンクのことを言います。

つまり、良識のある方ならすぐに気づくと思いますが、
良質なリンクとは、

  リンクを張ってくれるホームページが、
  自分のホームページよりランクが上であればあるほど、
  良質なリンクとなるわけです。

しかも、

  そのホームページは同じテーマを扱っているわけですから、
  実は、良質なリンクを張れるホームページは、
  自分のホームページの強力なライバルサイトにならないと
  オカシイわけです。

そう考えると、
もし有料リンク販売業者の言葉「良質なリンクを大量に提供します」を
信じるとすると、

  検索ランキング上位のホームページは、
  有料リンク販売業者の準備したホームページだらけ
  ということになってしまいます。

残念ながら、そんなホームページ群、覧たことがありません!
有料リンク販売業者がうたう「良質なリンク」なんて嘘なんですね。


有料リンク販売業者が実際に張るリンクについては、
前々回のブログ「有料リンクに対する取り締まりを強化するグーグル検索」の中で取り上げた米Googeの公式ブログから伺い知ることができます。

  ▶「Google search and search engine spam(英文)
    (米Google公式ブログ、2010-01-21)


有料リンク販売業者が行っていた、かつてのスパムの主流は、
検索キーワードを含んだランダムな単語羅列からなる
大量のホームページからのリンクでした。
(ホームページを読んでも、文章になっていない。)

それが、近年では、
内容の乏しいホームページを大量に生成し、
そこから大量のリンクを張るというスパム(=コンテンツスパム)に
変わってきたというのです。

有料リンク販売業者が大量の有料リンクのために準備するホームページは、「文章になっていないホームページ」から「内容の乏しいホームページ」へと姿を変え、進化しているみたいですが、どっちにしろ検索エンジンから高く評価されるような品質のホームページではありません。

そんな低品質のホームページから張られたリンクを
「良質なリンク」とうたうことには、無理があります。

これが、有料リンク販売の現状です。



前回のブログ「有料リンク『成果報酬型の料金プラン』という罠」でも有料リンク販売について取り上げています。よかったらご覧ください。


ラベル: , , ,


▲このページの先頭へ