グーグルのウェブ検索における位置情報設定が左ナビゲーションパネルに移動

2010年10月20日

グーグル検索で、
これまで一部の検索キーワード(例えば「映画」や「病院」)による
検索結果に表示されていた「場所を変更」リンクが、
本日より、検索結果画面の左側にある
ナビゲーションパネルの中に常時表示されるようになりました。
(投稿時点では一部ブラウザーでは未対応。)

  ▶「位置情報を使って、より便利な検索を
    (グーグル公式ブログ、2010-10-20)


【これまでのグーグル検索の「場所を変更」リンク】
これまでのグーグル検索の「場所を変更」リンク


【新しくなったグーグル検索の「場所を変更」リンク】
新しくなったグーグル検索の「場所を変更」リンク

しばらく前から、グーグル検索では、
ある一部の検索キーワードが
その人の住む場所の周囲のサービスに密接に関わると判断し、
特に「場所」を示す検索キーワードを入力しなくても
その人が住む場所の周囲のサービスの地図情報が
表示されるようになっていました。

山形県鶴岡市に住む自分が、
検索キーワード「病院」で検索すれば、
「病院」+「山形県鶴岡市」で検索した時に現れる
位置情報(=地図情報)が表示されるというわけです。

便利なことは便利ですが、
なんか自分の場所をグーグルに知られるのにはためらいを感じます
(当然グーグルのことですから、位置情報による検索ユーザーの動向、すなわち、その地域に住む人がどんな検索を頻繁に行っているかの情報もしっかりと取得していることでしょう。)

自分の場合、山形県鶴岡市に住んでいますが、
グーグルは、山形県山形市のパソコンと判断しています。
(まだまだグーグルによる位置情報取得は必ずしも正確ではないということですね。)
自分は敢えて場所情報は変更しないでグーグル検索を使っています。
理由は前述の通りです。

グーグルは場所情報の取得方法も公開しています。
主にIPアドレスを使って取得しています。
(グーグルウェブ検索ヘルプ「機能: 位置情報」


ラベル: , ,



◎この投稿へのリンク:

リンクを作成

▲このページの先頭へ