米Google、「Google Instant」検索を開始。文字入力途中に検索結果を見る〔3〕

2010年9月20日

グーグル・インスタント検索で、
検索ユーザーに大量の検索結果を見せるという
グーグルの狙いについて触れる前に、
これまでの検索ユーザーの検索行動についてまとめておきます。

これまでの検索ユーザーの検索行動は:

  1. 検索窓に検索キーワードを入力。
  2. 検索結果のページを上位から順に見ていく。
  3. 検索結果の2ページ目に進み、20位ぐらいまでの検索結果をチェックします。
  4. それでも目的サイトが見当たらない場合、更に下位の検索結果を見るか、検索キーワードを変更して再検索(=絞り込み検索)する。

一般に、検索ユーザーは検索結果の2ページ目ぐらいまでしか目を通さないと言われます。仮に2ページまで見たとしても、目にする検索結果は20個にすぎません。

では、新しいグーグル・インスタント検索ではどうでしょう?
(上述のように番号をふって箇条書きできないところに、ある意味、グーグル・インスタント検索の特徴があるんでしょうね。)

検索ユーザーは、検索キーワードの文字を入力する度に次々と検索結果を目にします。当然検索ユーザーは最小限の時間と労力で目的のサイトに到達したい訳ですから、瞬時に表示される検索結果に目が行きます。

それで、おやっと思えるサイトや関連した文字を含むサイトを注視することになるでしょう。

その間、いくつの文字を入力したかで、目にする検索結果の数は異なりますが、仮に10文字入力したとすると、1文字それぞれにつき上位6位くらいまで見たとして、合計60個の検索結果を目にすることでしょう。
(上位6位くらいまでとしたのは、検索キーワードの予測候補が表示され、それによりスペースを取られ、下に表示される全ての検索結果までは画面上に表示されないケースが考えられるからです。
下画像では、検索キーワードの予測候補の下に5つの検索結果が表示されています。)

Google Instant 検索サンプル


検索結果のページ数ベースでは、上記例で、
これまでの通常検索で2ページ、
インスタント検索で10ページ。
一回の検索行動でこれだけの違いが現れます。

検索結果の表示回数が増加すれば、
それだけグーグルにとって検索公告費の増収になると考えられます。

正確に言えば、グーグル・アドワーズのインプレッション広告による収益が変わってきます。

検索エンジン側の広告収入には、
検索結果でクリックして課金されるものの他に、
検索結果に表示(=インプレッション)されて課金されるものがあります。

実際グーグル・アドワーズの公式ブログで、
今回のグーグル・インスタント検索の導入に伴い、
インプレッションのカウント定義の変更を発表しています。
(「Google インスタント検索 - 検索の新機能が登場」)

Google インスタント検索の導入により、インプレッション(広告の表示回数)の定義は変わることになります。Google インスタント検索結果上でインプレッションがカウントされるのは、
  1. 検索クエリが確定(Enter キーを押す、[検索] ボタンをクリックするなど)したとき
  2. 検索結果ページのリンクがクリックされたとき
  3. 検索クエリの入力が 3 秒以上なかったとき

インプレッションの定義の変更とグーグル・インスタント検索の導入が
すぐにグーグルにとって利益につながるかどうかは、
まだもう少し様子見てみないことには分かりませんが、
グーグルのことですから、いずれ利益につなげることと予測されます。

いずれにせよ、検索ユーザーに大量の検索結果を見せるという
グーグルの狙いのひとつが、
インプレッション広告での増収であることは間違いないところです。


次回は、
「グーグル・インスタント検索の導入によるSEOへの影響」について
取り上げてみたいと思います。


ラベル: , , , ,



▲このページの先頭へ