検索エンジン「Bing」の日本語正式版が7月13日にスタートするみたいですが . . .

2010年7月8日

マイクロソフト社の検索エンジン「Bing」の日本版が
7月13日より正式版として提供されます。

  ▶ Bing


正式提供を前にして、検索エンジン「Bing」の特徴や機能、使い方を紹介しているウェブページを公開しています。

  ▶ Bing正式版、いよいよ登場。/'知りたい'を支える次世代型検索エンジン


  ▶ MSN気になる言葉/Bingナビ - 使い方ガイド

マイクロソフト社の検索エンジン「Bing」の日本版

この説明ページですが、
めちゃめちゃ力(りき)が入っています。

力が入り過ぎて、あまりにごちゃごちゃし、読む気が起きないくらいです。
大企業サイトがよくやりがちな “大きな勘違い” をやらかしています。

ブルーの画像の中のリード文がマイクロソフトのアホさ加減を
露呈しています。

Bingの 便利な使い方をたくさん覚えて、ぜひ毎日の検索に活用してみてください。(太字:長谷川による)

問題はこの「たくさん覚えて」という箇所です。

たくさん覚える必要がなく、直感的に利用できるほうが、
「検索エンジン」としてはずっと理に適っているはず!

マイクロソフトが見落としている大切なポイントです。


しかも、デカデカとしたボタン「便利機能一覧」をクリックすると、
一番に出てくる機能は、なんと!

  「電卓機能を利用する

です。

くらだらなすぎて泣けてきます。
本物の電卓を使うっつうの!


更に、「SN気になる言葉/Bingナビ - Webマスター向けTips_大規模サイトの最適化_<1部> Bingで上位表示させるためのポイント_P01」では、

検索エンジンで上位表示されるための手段として、

複雑なURLを用いてトラッキングやコブランディング、Eコマースを行っている大規模サイトにとって、正規化の管理は大規模かつ重要な問題です。URLの重複やリンクジュースの分散のリスクを避けるために、まずは以下のような変更を施してください。

・indexまたはdefaultを取る。
http://www.mysite.com/default.aspxからhttp://www.mysite.comに変更
http://www.mysite.com/en/us/default.aspxからhttp://www.mysite.com/en/usに変更

と指摘しているのも拘わらず、
自分のウェブページは、しっかりと

  http://keyword.jp.msn.com/tips/opt/default.htm

としているではありませんか。

なんなでしょうね〜。

使ってもらうための紹介ページが、
ユーザーの使う気を失せさえる、
ウェブページのいただけない最たる例です。


ちなみに、実際の検索エンジン「Bing」の使用感ですが、
検索内容によってダイナミックに変化する検索結果ページは
とっても判りづらく、使いづらいです。


ラベル: ,



◎この投稿へのリンク:

リンクを作成

▲このページの先頭へ