グーグルが暗号化対応のウェブ検索ページ(ベータ版)を公開

2010年5月25日

グーグルが5月21日、SSL接続の暗号化に対応した検索が可能となる
ウェブ検索ページ(ベータ版)を公開しました。

今のところ米Googleのみの対応ですが、日本語での検索も可能です。

  ▶ 暗号化対応のGoogleウェブ検索ページ(ベータ版)
    (https://www.google.com/webhp?hl=ja)

暗号化対応のGoogleウェブ検索ページ(ベータ版)

今後世界中のユーザーに提供を予定し、
最終的にはGoogleが提供する全サービスに暗号化オプションを提供する計画とのこと。


SSLによって暗号化されているウェブページは、
ホームページアドレス(=URL)が https で始まります。
(暗号化されていない通常のホームページは http から始まります。)

その他にも、ブラウザー上に鍵マークが表示されます。
表示位置はブラウザーによって異なります。
(ファビコンに鍵マークを表示させ、あたかもセキュリティのしっかりしたサイトであるかのごとく装う詐欺サイトが多々ありますから、ご注意を! https から始まることを確認してください。)


検索元ページと検索結果ページがSSL暗号化されると、
ユーザーの入力した検索キーワード(=検索クエリ)が
外部に漏れる可能性が低くなる、というメリットがあります。

これにより、例えば、検索クエリに対する検閲が難しくなります。
(検索に対して検閲する国が、暗号化検索を容認したら、の話ですが。)

なお、検索結果のページも暗号化されていますが、
検索結果をクリックした先のページは通常のウェブページになります。
また、グーグルによってキャッシュされたホームページの表示も暗号化はされていません。


暗号化のデメリットとしては、
表示速度が遅くなる。
SSL接続により、https のページから http ページに移動する場合、参照元ページの情報(リファラー情報)が送信されなくなるため、リファラー情報をもとにウェブページをカスタマイズするようなウェブサイトは、この情報を利用できなくなります。(リファラー情報を取得できないということは、アクセス解析にも影響するケースがあります。)


ラベル: , ,



◎この投稿へのリンク:

リンクを作成

▲このページの先頭へ