Twitter(ツイッター)についての詳細なアンケート調査結果が公開

2010年4月21日

(株)ネットマイルによる Twitter(ツイッター)に関するアンケート調査の結果が公開されていました。1万人もの回答者数がおり、今後の Twitter(ツイッター)の動向の参考になります。

  ▶ Twitterについての調査レポート
     (PDFファイル、22ページ)


主なアンケート結果を挙げると、次のようになっています。PDFにはより細かい分析が載っています。

  • Twitter の認知率は9割超えるも、登録率は1割満たず
  • Twitter の今後の利用意向は2割程度
  • “つぶやく頻度” では「不定期」、“閲覧する頻度” では「毎日数回」が最多
  • Twitter を利用するのは「インターネットを閲覧しているとき」「ヒマなとき」「手持ち無沙汰なとき」
  • ツイート内容1位は「今している行動について」、2位は「考え方や意見について」、3位は「趣味について」
  • Twitter は「情報を得る」「ひまつぶしをする」「他人とゆるいつながりをもつ」ことに役立つ
  • Twitter の利用で増えたのは “最新・重要な情報の取得機会”、一方減ったのは “睡眠”
  • ツイートしている人は閲覧だけの人よりも、フォローしている人のツイートを “参考にしている”

他にも、Twitter(ツイッター)閲覧のデバイスの結果では、約70%強の方がパソコンで、携帯電話とスマートフォンは20%ぐらいという結果です。意外なほどパソコンを利用した閲覧が多いんですね。


ラベル: ,



◎この投稿へのリンク:

リンクを作成

▲このページの先頭へ