検索エンジンNAVER(ネイバー)がオモシロイことになっている!〔1〕

2010年4月7日

以前このブログ「NAVER フォトエディター(ブログの画像はリサイズしてから投稿しましょう)」の最後のほうで取り上げた韓国発の検索エンジンNAVER(ネイバー、韓国最大手のインターネット検索ポータルサイト)ですが、ヤフーやグーグルの検索結果にちょくちょく顔を出すようになってきていると感じていたら、先月末に大幅リニューアルして、これまで以上にオモシロイことになっています。

  ▶ 探しあう検索 NAVER(ネイバー)


リニューアルの目玉は「トピック検索」です。

総合検索では、既存の「ウェブ」「画像」「動画」「ブログ」「ショッピング」に加えて、「ニュース」「ホットリンク」「リアルタイム」という3つのトピック検索までもがひとつの検索結果ページに表示されるようになりました。

これまでヤフーやグーグルが、別々に例えば画像なら画像検索、ブログならブログ検索と切り替えて検索してきたのに対し、NAVER(ネイバー)は、あらゆる視点=ジャンルからの検索結果を同一ページに表示するという欲張りな検索エンジンといえます。
(ヤフーやグーグルのようにジャンル別に検索することも可能です。)

ちなみに検索キーワード「浅田真央」で検索した NAVER(ネイバー)の検索結果画面です。かなり長くなります。


今回新設された「トピック検索」の
「ニュース」は、日本国内約950のニュースサイトからの検索結果を表示。

朝日新聞、読売新聞、産経新聞、スポニチアネックス、時事通信、ロイターなど国内約950のニュースサイトから最新のニュースを表示します。

「ホットリンク」は、話題度を元にした検索結果。

はてなブックマークやTwitter、NAVERまとめなどでの引用数を元に、人気のサイト・ニュース(URL)をNAVER独自の指標でランキング化!みんなが評価する人気のサイトを簡単に知ることができます。

「リアルタイム」は、ツイッターといった “今” を検索した結果を表示。

Twitter、ブログ、ニュースなどから、いま、この瞬間のネットユーザーの意見、情報を収集します。今を知りたいならNAVERのリアルタイム検索です。


こうした欲張り検索を効果的に活用できるのは、ピンポイントで特定される検索対象の場合ですね。ピンポイントであの芸能人に関わる情報を知りたいとか、あの型番の製品の情報を知りたいという場合に威力を発揮します。

大雑把な検索(=ビッグキーワード)からの検索の場合はあまりメリットはりません。例えば「テレビ」という検索キーワードで検索しても、検索結果はさほどオモシロイものではありません。

ちなみに検索結果には常に全てのジャンルの検索結果が表示されるわけではありません。該当するジャンルに当てはまる検索結果がなければ何も表示されず、「ウェブ」の検索結果だけといことになります。

そう考えると検索エンジンNAVER(ネイバー)は、ある意味検索エンジンとして活用するというよりは、百科事典的な利用法が適しているかもしれませんね。


*********************


ネイバージャパンさまより、コメントを頂戴しました。
ありがとうございます!

そのコメントを受けまして、
NAVER(ネイバー)検索について追記させていただきます。

今回ご紹介した「NAVER(ネイバー)トピック検索」や明日のブログ内の「NAVER(ネイバー)画像検索」は、共にネイバージャパンさまオリジナルのアイディアの元でのリニューアルとのことです。

どうやら韓国発という成り立ちに少しこだわり過ぎて2回に渡り情報発信していました。訂正させていただきます。

NAVER(ネイバー)検索につきまして、今後の展開に期待するとともに、またご紹介できればと思っています。


ラベル: , ,



◎この投稿へのリンク:

リンクを作成

▲このページの先頭へ