グーグル、ウェブ検索に「スター機能」を追加

2010年3月4日

Google(グーグル)はパーソナライズドサーチの一環として、検索結果に「スター機能」を追加することを発表しました。グーグルアカウントにログインした状態で検索し、その検索結果に「スター」を付けると、再度同じ検索キーワードで検索した際、検索結果の最上部に「スター付き検索結果」として表示されます。(グーグル公式ブログ「新機能で検索結果をカスタマイズ:ウェブ検索でもスター機能」)

Google の「スター付き検索結果」の例

現段階でのグーグルの説明を読む限り、検索順位はそのままとのことですから、「スター」を付けた検索結果のタイトル(とスニペット)も普通に検索結果に表示されるとのだと思われます。

これはまさにブックマーク(お気に入り)機能ですね。

既に検索エンジンの検索結果をブックマーク替わりに利用する方(即ち、自分のパソコンにはお気に入りサイトをブックマークしないで、お気に入りサイトにアクセスしたい時はその都度検索エンジンを使って検索し、その検索結果からお気に入りサイトにアクセスする方)は多い訳ですが、その一歩先を行く便利な機能だと思います。

また、この「スター機能」は Google ブックマークや Google ツールと同期しているので、「スター付き」サイトのリストを見たり、管理することも可能です。

なお、一度「スター付き検索結果」に加えたサイトを削除したい時は、黄色の「スター」を再度クリックします。

今後数日かけて徐々に「スター付き機能」を展開していくとのととですが、残念ながら今日現在まだ「スター機能」の利用はできません。


この「スター機能」の追加に伴い「サーチウィキ(SearchWiki)機能」は廃止されます。グーグルによれば、検索エンジン利用者は検索結果の順位を変えたくないという意見が多かったとしています。検索結果の順位を個人の意思で変える「サーチウィキ(SearchWiki)機能」はサーチエンジン利用者にとって馴染まなかったのでしょう。

「サーチウィキ(SearchWiki)機能」は廃止されますが、これまでに編集した内容は今後も Google アカウントに保存されるとしています。

それにしても、アメリカで「サーチウィキ(SearchWiki)機能」の提供が始まったのが2008年11月、日本では2009年5月から利用可能になったことを考えると、あっという間の廃止ですね。

悪いモノは潔く諦め、良いモノを提供しようというグーグルの姿勢が垣間見てとれます。

あっけなく消えることとなる Google の「サーチウィキ機能」


なお、念のため付け加えておきますが、グーグルアカウントにログインしようがしまいが、グーグルのウェブ検索の結果は、パソコンのブラウザー内のクッキーを使用してパーソナライズされています。検索して表示された検索結果の中にある特定のサイトへのクリックが多い場合、次回検索した時に上位表示されるというものです。ちなみにヤフー検索はログインしない場合、検索結果の順位がパーソナライズされることはありません。


ラベル: , ,



▲このページの先頭へ