リアルタイム検索が日本語に対応。グーグルでツイッターの今を検索する

2010年2月16日

既に2009年12月に米 Google の英語では始まっていたリアルタイム検索が日本語に対応しました(本日グーグルがその説明会を開催)ので、グーグルのリアルタイム検索のご紹介とリアルタイム検索の上手な検索方法についてご説明します。

リアルタイム検索が始まったことで、Twitter(ツイッター)や Google Buzz(グーグル・バズ)のようなマイクロブログのつぶやき(情報)をグーグルの検索結果で見ることができるようになりました。

ただし常に通常の検索結果に載るわけでありません。今話題になっているテーマや有用と思われるつぶやきだけが通常の検索結果に現れます。

グーグルを使って、例えば「バンクーバー」という検索キーワードで通常検索すると、以下のように5位と6位の間に「バンクーバー の最新の検索結果」という項目名でスクロールバー付きで表示されます。


リアルタイムですから、そのスクロールバー内の投稿は、常に更新されるため、その検索結果が更新されないようにする「一時停止」ボタンが付いています。「一時停止」ボタンをクリックすると「再開」ボタンが現れます。「再開」をクリックするとリアルタイム検索の結果が自動更新されることになります。


繰り返しになりますが、(今のところ)リアルタイム検索の結果は常に通常の検索結果に現れる訳ではりません。有用な時のみ表示されます。リアルタイム検索の結果が現れない時に、リアルタイム検索の結果を知りたい時は、「検索ツールを表示」をクリックしてください。


次に、サイドメニューから「最新」をクリックすると、Twitter(ツイッター)や Google Buzz(グーグル・バズ)のようなマイクロブログのつぶやき情報が検索結果に表示されるようになります。


さらに Twitter(ツイッター)や Google Buzz(グーグル・バズ)のつぶやき情報だけを見たい場合には、サイドメニューの「アップデート」をクリックします。すると次の画像のようにツイッターのつぶやきだけが表示されるようになります。
(なぜ「アップデート」という名称かは意味不明です。もう少し分かりやすいと使いやすいのに、と思わずにはいられません。)


興味のある方はリアルタイム検索をお試しください。


最後にグーグルのリアルタイム検索について、SEOmoz に掲載された Randfish氏の記事「2010年の SEO に関する8つの予測」(2009年12月16日投稿。翻訳されたものが Web担当者Forum にのっています)の第1項目「リアルタイム検索は廃れる」で取り上げられていますので、参照ください。少し難しい記述ですが。(Randfish氏は、アメリカの SEO のプロ。自分もいつも参考にさせてもらっています。)

▶「2010年の SEO に関する8つの予測 - Twitter は? パーソナライズは? CRO は?(Web担当者Forum)

その中で、Randfish氏は次のように述べています。

僕(と他の大勢の人々=SEOのプロ)の評価では、これ(=グーグルのリアルタイム検索)はグーグルがこれまでに実装した新しい検索結果の中でも最悪のものだ。

なかなか手厳しいですね。


……………………………………………………………………………


なお、Twitter(ツイッター)をはじめるためのツイッター・アカウント取得方法を弊社「ウェブサービス活用法」に公開していますのでご利用ください。

  http://www.designcross.net/twitter/twitter.html


ラベル: , , , ,



◎この投稿へのリンク:

リンクを作成

▲このページの先頭へ