Twitter(ツイッター)でブログの更新情報を自動配信するとは?

2010年1月26日

今回は、昨日の「Twitter(ツイッター)は検索エンジン対策(SEO)的に効果があるか?」で取り上げた “〔3〕ブログの内容を、Twitter(ツイッター)にフィードさせ、外部ページ(=この場合ブログ)に自動リンクを組み込ませる形” について、もう少し丁寧に説明したいと思います。

Twitter(ツイッター)は既に皆さんご承知かとは思いますが、140文字を投稿(ツイッターではそのつぶやき投稿を「ツイート」と呼びます)できるミニブログとも呼ばれます。字数制限を除いて、通常のブログとの大きな違いは、意中の投稿者を「フォローする」に設定にすると、自分のTwitter(ツイッター)アカウントのホームさえ開いておけば、フォローした人が投稿した際、ほぼリアルタイムで投稿が表示されるということです。さらに、その投稿に対して自分も投稿をできるので、チャットの様に文字による会話が楽しめます。

以上が最もオーソドックスな Twitter(ツイッター)の使い方ですが、その他にも企業やお店のウェブサイトの情報配信や更新情報の配信に利用するケースも非常に多くなってきています。

企業やお店のウェブサイトの情報配信や更新情報の配信を Twitter(ツイッター)で行う上で前提となるのが、ウェブサイトの情報配信や更新情報の配信が既に RSS 形式で行われているということになります。

RSS 形式で配信するとは?


繰り返しになってしまいますが、ウェブサイトを運営する企業やお店は、新着情報や更新情報の配信を最近では RSS と呼ばれる形式で行うケースが増えています。

我々が RSS に一番身近に接するのはブログです。ブログの場合、投稿者が投稿すると、通常一般に目にするウェブページ( index.html )が生成されますが、実はそのウェブページの他にも RSS 形式のページ( rss.xhtml や atom.xhtml )も自動生成されています。

ここでは RSS 形式についての詳細には触れませんが、簡単に言うと、ウェブページ( index.html )が人間が見るものだとすると、RSS 形式のページ( rss.xhtml や atom.xhtml )は主にコンピューターが見るものだと言えます。コンピューターが見る以上、その RSS 形式のページ( rss.xhtml や atom.xhtml )は厳格なルールに従って作成されます。とは言えそのルールは簡潔です。ルールが複雑だと、大量のデータの処理に時間が掛かって仕方ありませんから。

ブログを投稿したことのある方ならお分かりと思いますが、ブログ投稿時に入力する項目は「タイトル」と「本文(+画像)」ぐらいです。いたってシンプルです。

RSS形式では、ブログの投稿内容はシンプルで厳格なルールに基づいて定義されるため、コンピューター間でのやりとりが簡単にできるようになり、そのシンプルなブログ投稿データを元に様々な利用・展開ができるようになります。シンプルで厳格なルールに基づいて配信されたブログ投稿データのことを RSS フィード(単に RSS とかフィード)と呼びます。RSS 形式で配信するということは、配信した情報を元に様々な利用・展開ができるようになるということを意味します。

ブログのフィード(= RSSフィード)を取得し、Twitter(ツイッター)に再配信してくれる無料サービスとは?


RSS 形式はシンプルで厳格なルールに基づいていますから、コンピューターが扱うには適したデータです。“ブログのフィード(=RSSフィード)を取得し、Twitter(ツイッター)に再配信してくれる無料サービス” とは、ユーザーがそのサービスに登録すことで、そのサービスをつかさどるコンピューターが定期的にブログ投稿された RSS データがないかを調べに来てくれるようになり、新規投稿の RSS データがあった場合、それを受け取り、Twitter(ツイッター)をつかさどるコンピューターに渡してくれるサービスです。

企業やお店のウェブサイトの情報配信や更新情報の配信を、手動でTwitter(ツイッター)に打ち込ものではなく、自動的にTwitter(ツイッター)で表示されるようになるところが大変便利で楽ちんです。

ブログのフィード(=RSSフィード)を取得し、Twitter(ツイッター)に再配信してくれる主な無料サービスを「Twitter(ツイッター)は検索エンジン対策(SEO)的に効果があるか?」で紹介していますので、参考にしてください。


自分のブログの更新情報が Twitter(ツイッター)で表示されるまでの流れ(下図)

  1. 自分のブログに投稿する
  2. 登録済み無料サービスが、ブログのRSSフィードを取得する
  3. 登録済み無料サービスが取得したブログのRSSフィードを Twitter(ツイッター)用に配信する
  4. Twitter(ツイッター)に自分のブログが載る



素朴な疑問。自分のブログを修正したら、 Twitter(ツイッター)での表示はどう変わるの?


自分のブログを修正しても、Twitter(ツイッター)で更に重ねて表示されることはありません。Twitter(ツイッター)での最初の表示のままです。

ただし、Twitter(ツイッター)上で一度自分の投稿(=ツイート)を削除してから、自分のブログを変更した場合、改めて Twitter(ツイッター)に表示されるようになります。

現時点で Twitter(ツイッター)上に載っていない過去の自分のブログ投稿については、そのブログ投稿を修正した時点で、新たに Twitter(ツイッター)上に新規投稿(=ツイート)として掲載されますので、少し注意が必要です。


ラベル:



◎この投稿へのリンク:

リンクを作成

▲このページの先頭へ