オーバーチュアの解散と検索連動型広告(リスティング広告)について

2009年8月30日

検索ポータルのヤフーが、100%連結子会社であり検索連動型広告の業務を行うオーバーチュアを2009年10月1日付で吸収合併すると発表(2009年8月28日)。それに伴いオーバチュアは解散するとのこと。

オーバーチュアは、米Overtureの日本法人として2002年12月から検索連動型広告「スポンサードサーチ」を提供。2007年8月にヤフーの100%子会社となり、ヤフー傘下に入っていました。今回の吸収合併は、ヤフーブランドの強化が目的とのこと。


ブランド強化の背景と問題点


ブランドの強化、ですか...その背景には日本の検索エンジン界におけるグーグル(アドワーズ)の躍進がありそうですね。

オーバチュアの吸収合併に伴い、危惧されるのは検索結果の表示の在り方ではないでしょうか。

ここで改めて指摘することでもないかもしれませんが、検索エンジンはグーグルにしろ、ヤフーにしろ、一民間企業が提供するサービスに過ぎません。利潤を追求するのが企業であり、利益を上げることが検索エンジンを提供する目的なわけです。他方、検索エンジンを運営する側(グーグル、ヤフー)は、自社の検索エンジンの公平性や検索結果の妥当性を主張します。実際、両者とも今のところ検索結果に対してはシビアに向き合っていると言えます。だからこそ万人に受け入れられ、利用されているのでしょう。(既に利益主義に突っ走っている検索エンジンもあります。言わずと知れた「インフォシーク楽天」です。)

繰り返しになりますが、検索エンジンは民間企業が営利目的で提供するサービスです。極端な話、検索エンジンがどんなデタラメな順位を算定したとしても、利用者がそれにクレームをつけることはできません。フィールドは違いますが、ミシュランの格付けと似たり寄ったりですね。

ここで少しだけ検索連動型広告に触れておきます。

検索エンジンを提供するヤフーやグーグルの収益源の大半は、検索連動型広告を拠り所としています。検索エンジンの結果が表示されるページには、通常、自然検索の結果と検索連動型広告の2種類が表示されます。そしてそれを見た人が検索連動型広告をクリックすると、そのクリックに伴い1(ワン)クリック○○円の料金がその広告を出稿した広告主に対して発生します。検索エンジン側は、検索連動型広告をクリックしてもらればしてもらうほど、収入がアップする仕組です。

なお、自然検索のことを専門用語ではオーガニック検索といい、検索連動型広告は他にリスティング広告(リスト化されて表示される広告)、PPC広告(Pay Per Click)、CPC広告(Cost Per Click)、スポンサー広告、成果連動広告なとど呼びます。(ご参考までにこの投稿の最後にリスティング広告の費用について触れています。)

実は、ヤフーは既にリスティング広告のクリック数を増やすのが目的で、2008年11月以降、リスティング広告とオーガニック検索の結果表示の区別がつきにくいデザインに変更しました。皆さんは気づかれていましたが? 気づいていた方はスゴイです! おそらくは気づいていない方が大半だと思います。この変更でヤフーは成果を上げ、リスティング広告のクリック数が増加したそうです。(記事内容の趣旨は若干違いますが、CNET Japan の「ヤフー VS グーグル--見られるリスティング広告はどっち?」に、ヤフーがデザイン変更に伴いクリック数を増やしているということ掲載されています。)

下図、赤の囲みの部分がリスティング広告。上が旧ヤフー、下が現在のヤフーのデザイン。





オーガニック検索とリスティング広告は、その性質上全く別物です。オーガニック検索はほとんど全てのホームページを検索対象としているのに対し、リスティング広告はあくまでお金を払ったお客様のホームページだけを検索対象にしていますから。

リスティング広告とオーガニック検索の結果の境を曖昧にし、なおかつリスティング広告がオーガニック検索の上に表示されるということは、あたかもそこにあるリスティング広告が検索上位という印象を強く与えます。実際、検索上位だと勘違いしてクリックしている方が大勢いると考えられます。特に検索に詳しくない方が広告と知らずにクリックするみたいです。(なお、一般に閲覧者は検索上位のサイトをより信頼し、価値ある正しい情報を提供していると思い込みがちだという研究結果が示されています。これについては、後日改めて取り上げたいと思います。)

リスティング広告のクリック数が増えることは、ヤフーと出稿している広告主には嬉しい話かも知れませんが、知らないでクリックしている閲覧者はなんだか騙されたようで、釈然としません。

子会社オーバーチュアを吸収合併し、これまで以上に利益追求に走るヤフーが、更に紛らわし検索結果の表示で、検索エンジン利用者に不利益を与えないことを願うと共に、これからもヤフーの動向を注視してきたいと思います。

リスティング広告の費用の現状


費用対効果が高いということで、利用者が増加し、価格が高騰していると言われるリスティング広告ですが、1クリックは安いキーワードで10円ぐらい、そこそこ高いキーワードで100円強ぐらいでしょうか。かなり高いキーワードになると1クリック1,000円を超えることもあります。

最近よく尋ねられることに、会社は普通どれぐらいの予算でリスティング広告を利用しているんでしょうか?ということがあります。リスティング広告の予算は普通1ヶ月数十万円と言われています。多い企業では月額数千万円を掛けているケースも少なくありません。

リスティング広告もまた他のネット戦略同様、戦略が大切になります。少し具体的な数字を上げてご説明します。例えば、1クリックが20円のキーワードを一月500,000円でリスティング広告に出稿したとします。すると、500,000円÷20円=25,000回クリックされることになります。ネット通販において購入者はそのページを見た人中100人に1人というのが相場ですから、25,000人÷100人=250人から購入していただけると考えられます。その時の商品の価格が5,000円で、粗利を4割とすると、売上が5,000円×250人=1,250,000円、儲けは5,000円×0.4×250人=500,000円となり、トントンという結果になります。これは良い結果のほうです。リスティング広告からの購入者は一般に新規顧客ですから。この250人のうち何割(通常1割〜2割)かはリピーターとしてまた購入してくれると想定できます。

ちょっと駆け足になりました。また別の機会にリスティング広告について取り上げたいと思います。

ラベル: , ,


Google、任意の期間指定による検索結果の絞り込みが可能に

2009年8月24日

グーグル検索では、これまでも固定の期間指定での検索結果の絞り込みはできましたが、2009年8月24日からは任意の期間を指定して検索結果を絞り込めるようになりました。

使い方は下図を参照してください。

       ▼


グーグルによる発表(2009年8月24日)

ラベル: , ,


「ダントツのSEO効果で検索エンジン上位表示を狙おう!キャンペーン」

2009年8月22日

先日、こんなタイトルのEメールが一通届きました。差出人は自分もサービスを利用させていただくことのあるこの業界ではそこそこ有名な会社。メールの内容は、いわゆるディレクトリ登録への勧誘です。

大手ポータルサイトへのディレクトリ登録によって、
良質な被リンクを手に入れられるサービス「Jエントリー」。

このメールのタイトルとメールの中身を読んだ時、実はとても違和感を感じました。

その理由を説明する前に、ざっと検索エンジンとディレクトリ登録について説明しましょう。

現在、日本における検索エンジンの利用比率は、

  Yahoo! Japan 45%
  Google 35%
  Bing(msn Live Search) 10%

で、合計90%を占めると一般に言われています。(msn Live Search は、2009年5月末から Bing beta版に変更。)従って、サイト運営者は上記3つ、ないしは Bing を除く2つの検索エンジン(2つで80%を占める)に対して検索エンジン最適化を図ればいいとされています。(なお、2009年7月末の米ヤフーとマイクロソフト社の提携により、米Yahoo! の検索エンジンの中身は Bing に変更。Yahoo! Japan がそれに追随するのは時間の問題とされています。)

要するに、80%以上のネット利用者が Yahoo! Japan と Google を利用しているので、通常我々ネット関係者にとって「SEO(=検索エンジン対策)」と言った場合、それは「Yahoo! Japan と Google に対する SEO」を意味するということです。

ところで、現在 Yahoo! Japan と Google の二大検索エンジンに対して有効とされるディレクトリ登録は、「ヤフービジネス(Yahoo! ディレクトリ登録)」のみと言われています。そして金銭的に余裕があれば、ついでに「クロスレコメンド」や「Jエントリー」へのディレクトリ登録をしておいて、多少のアクセス数のアップを期待する、というのがネットコンサルタントの大方の見解です。個人的にもこれまでの経験から、「Yahoo! ディレクトリ登録」が Yahoo! Japan や Google の検索結果に大きな影響を与えることを実感してきました。(それに大きな声では言えませんが、アクセス解析の結果から、実は「Yahoo! ディレクトリ」に登録すると、数十ページのサイトなら Yahoo! Japan から数百という被リンクを、数百ページのサイトになると Yahoo! Japan から数千という被リンクをもらうことになります。その点でも検索上位表示の理由になります。)

最初に述べた違和感というのは、Jエントリーへのディレクトリ登録が、「Yahoo! Japan や Google に対して、ダントツのSEO効果がある」と言うのではれば、それは嘘になるし、Jエントリーへのディレクトリ登録が「Jエントリーのグループ内の独自の検索エンジンに対して、ダントツのSEO効果がある」と言うのなら、言ってることは間違いではないが、結局 Yahoo! Japan や Google 以外の検索エンジンで上位になったところで大して意味はない、ということが元になっています。

もちろん、この宣伝メールはお金儲けのためのメールです。サービスを売りたくて配信したのでしょう。ただ、表現は甚だしく「いかがわしい」と言わざるを得ません。検索エンジンに対する知識が少ない人がだまされても仕方ない表現です。

この業界で仕事をして10数年になりますが、この手の「いかがわしい」表現に出くわすことはインターネットの世界でも非常に多いです! しかも油断ならないのは、一方ではとても有益なサービスを提供している名のある会社ですら、平気で自社サイトに「いかがわしい」バナーや公告を掲載しているケースがとても多いということです。(ちなみに、上記のメールを寄こした会社のサイトの場合、ヘッダーバナーは1週間掲載で50万円です。)お金のためとは言え、もう少し掲載企業を選ぶべきではないでしょうか。

ネット戦略の一環で、有料広告や有料サービスを利用しようとする際、少しでも心配のある弊社お得意さまは、是非デザクロまでご相談ください。最善の戦略をご提案いたします。

ラベル: , , , ,


Webサイトや検索エンジンの動向について

2009年8月17日

インターネット業界や検索エンジンが日々進化・発展していることは、ここで改めて言わなくてもお分かりのことと思います。
そのネット業界と検索エンジン(特にYahoo!とGoogle)の動向の中から、知ってためになる情報を広く掲載していきます。ぜひこれからのネット戦略にお役立てください。

ホームページ運営やネット通販に関わる現場担当者の皆様必見です!


▲このページの先頭へ